芸能人たちの便秘解消のための活動事例紹介

スポンサーリンク

直撃コロシアムで紹介された「腸活」テク

asagi

 

7月4日の直撃コロシアムという番組で、「腸活テク」という一週間くらいの短期間で腸を活性化させる事例の紹介がありました。
長年、便秘で苦しんでいる3人の女優さんが、それぞれの状況をお医者さんに伝え、直接診断もすることで、対処法を実施していくというものでした。
3人の女優さんは、それぞれ事情は違うものの15年から40年間という長い間、便秘状態が続いていて、半分くらいあきらめているようにも見えましたが、実は、便秘の原因は三人ともに、まったく異なるものでした。
麻木久仁子さんの場合は、栄養バランスをしっかりと考えられた食事をされていて、腸内の問題ではありません。もともとの運動嫌いで腸の周りの筋力が衰えることで腸のぜんどう運動が悪くなることで起こる便秘という診断で、毎日、簡単な運動をすることになり、始めてから2日目から効果が表れ、一週間後にはかなりいい状態になっていました。
和泉ちぬさんの場合は、40年以上の便秘歴で、レントゲンの結果から腸年令が70歳以上と診断されていましたが、腸そのものが実年齢以上に著しく劣化し、さらに加齢に伴う筋力低下も重なり、腸がたるんでしまっていました。まずは腸内を整えるための食事療法として、ヨーグルト+きな粉での腸内フローラの改善を図ると同時に、腸もみマッサージ、腹筋やお尻の筋肉を鍛えるスクワットで、和泉さんも始めてすぐに効果が表れ始め、一週間内に便秘解消へ大きく前進するだけでなく、肩こり改善、腰のくびれが出てくるなど二次的な効果が表れたこともわかりました。
片岡安祐美さんは、元野球選手の女性(今は監督)で運動は十分にされている方ですが、意外にも15年も便秘が続いているそうです。
彼女の場合は、忙しさからトイレを我慢することが多く、徐々に習慣化されていったことと、トイレに行かなくて済むようにと、水分補給も少なくしてしまってことが大きな原因と考えられました。腸内フローラの改善も必要だったと診断されました。
お医者さんからの指示は、朝起きてからのコップ一杯の水を続けることと、食事療法としてもずく酢+オリーブオイル、さらに食後の乳酸菌摂取(胃酸で乳酸菌が死なないように)によって、彼女の場合、効果が表れるのに少し時間がかかったものの、やはり一週間以内には効果が確認されました。
同じ「便秘」でも、その原因は実は様々で、その人にあった対処法があるということと、本当にちょっとした運動と食事療法で、こんなにもすぐに効果がだせるということに大きな驚きを感じました。
また番組の中でお医者さんたちが、人間の健康、長寿にとって「腸」の健康はもっとも大事なことだと言っていたことが印象的でした。
改めて腸の健康の大切さ、腸活の重要性を感じました。

 

スポンサーリンク
 
HOME ビフィズス菌の摂取 便の話 腸の健康 腸活の事例